このサイトでは借金の返済がどうにもならなくて債務整理をしたい!

そんな方に役立つ情報を紹介しています。

 

まず債務整理と一言に言っても3種類に分類されます。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれ全く異なる性質を持っていて、あなたの債務状況はどれが最適なのか?といったところを考える必要があります。

また、掛かる費用にも大きな差がありますし、弁護士の得意不得意もあります。

このページでは費用に関する話を中心に、債務整理それぞれに関する情報も紹介していきます。

詳細ページもそれぞれ用意しているので理解ができるまでしっかり見て行ってくださいね。

自分にはどの債務整理が良いのかサッパリわからない、調べてる余裕も無い!

そんな方は『街角相談所ー法律ー』こちらのサービスをおすすめします。

あなたの債務状況から最適な債務整理やどれぐらいの借金減額が見込めるかを教えてくれます。

さらに、あなたに合った弁護士事務所の紹介もしてもらえるので、簡単に債務整理に取りかかることができます。

 

債務整理を考えている多くの方が利用しているので、1度は使っておきたいサービスです。

 

債務整理は3種類に分けられる

まずは債務整理の中身である3種類についてそれぞれの簡単な特徴と費用についてのお話です。

任意整理

3種類の中では一番デメリットが少ない方法になります。

その分借金の減額幅も小さいというのが特徴です。

 

内容に関しては、長期間返済を続けている方の場合『過払い金』が発生している可能性があります。

その過払い金を洗い出し、現在の借金の元本に充てて減額する。ということになります。

それにプラスして、これから掛かる利息をカットし、大体3~5年を目処に完済できるように返済計画を組みなおすというのが任意整理です。

仮に過払い金が無かったとしても、将来利息のカットには期待できるので月の返済額を減らせる可能性は高くなっています

 

デメリットとしては任意整理を行った金融会社などからの借入が5年ほどできなくなることです。

 

借入件数5社の内3社だけ整理する。と言ったやり方もできるので、自由度が比較的高くデメリットも少ないことから

最初に任意整理で済ませられないか考えたいところですね。

任意整理に掛かる費用の相場

任意整理の場合、裁判所の関与が一切無いため弁護士費用以外は必要無いです。

任意整理における弁護士費用の相場

着手金20000円(1社につき)
報酬金20000円(1社につき)
減額報酬10%
過払い金報酬(訴訟)20%(25%)
諸費用5000円(1社につき)

大体これぐらいの料金体系になっている弁護士事務所が多くなっています。

任意整理の弁護士費用例

借入件数4社、計300万円の借金とします。

4社からの借入がある。着手金=20000円×4社=80000円

全ての債権者と和解できた。報酬金=20000円×4社=80000円

借金が100万円まで減らせた。減額報酬=減った額200万円の10%=20万円

過払い金は無かった。過払い金報酬=0円

諸費用=5000円×4社=20000円

ーーーーーーーーーーー

合計:38万円

※あくまで例なので、ケースバイケースです。

借入額や借入件数などで大きく変動するので、実際に弁護士さんとの相談で計画を建てていくことが非常に大切です。

分割払いや後払いにも柔軟に応じてもらえるので気軽に相談してみましょう。

 

借金問題については相談無料になっている弁護士事務所も多いので、考え込むよりは速めに動くことをオススメします。

>>借金問題に強い弁護士事務所一覧

個人再生

家や車などの財産を残しながら、借金の減額が期待できる方法です。

ただし、一定の条件もあるのでクリアする必要があります。

  • 継続的な一定収入がある(会社の給料など)
  • 個人再生後に計画通りの返済ができる見込みがある
  • 借金が総額5000万円以下(過払い金計算後)
  • 金融会社などの債権者から半数以上の同意を得られること
  • 過去7年以内に個人再生や自己破産を受けていないこと

通常の会社勤めであればそこまで気にする必要はないと思って大丈夫です。

 

自己破産と比べると家などの財産を残せる点は良いのですが、借金が0になるわけではありません。

あくまで、無理の無い返済計画を建て直すことが目的です。

また、家を残す場合ローンはそのままになるので(ローン+建て直し後の返済)を行うことになります。

 

借金の減額は最大で2割にまで圧縮することもできるので、任意整理じゃ返済が間に合わないけど

持ち家を残したい場合は検討したいですね。

個人再生にかかる費用の相場

任意整理と違い裁判所が関与してくるので、弁護士費用+個人再生の費用が必要になります。

個人再生における弁護士費用の相場

着手金30万円~
報酬金20万円~
住宅ローン特則5万円~10万円
諸費用5000円(1社あたり)

かなり高額になっています。

一括払いが厳しい場合は分割払いなどを打診しましょう。

個人再生の費用

予納金(個人再生委員が選任された場合)20万円
諸費用3万円

予納金は弁護士に依頼した場合かかることはありません。

個人で個人再生の手続きを行ったり、司法書士に依頼した場合に掛かってくるケースがある費用になります。

諸費用の内訳は収入印紙や官報公告費、予納郵券(切手)などになります。

 

この費用に関しては各裁判所によって定められているため、若干の違いがあります。

でも、そこまで大きな違いはないので大よそコレぐらいと思って大丈夫です。

個人再生に掛かる費用例

住宅ローン2700万円+消費者金融3社300万円で自宅を手放したくない

弁護士費用=着手金+報酬金+住宅ローン特則=55万円

弁護士費用=諸費用×3社=15000円

個人再生費用=弁護士依頼なので予納金0円

個人再生費用=諸費用3万円

ーーーーーーーーーーー

合計:59万5000円

こちらも一例ですが、弁護士に依頼した場合そこまで大きな違いはありません。

訴訟に発展した場合や、弁護士が裁判所へ出向く際の交通費等で日当として5万円程度掛かる可能性はあります。

一連を通して見ると大よそ50万円~70万円程度が相場と言えるでしょう。

>>借金問題に強い弁護士事務所一覧

自己破産

ほとんどの物を手放して借金を0にする手続きです。

個人再生のように住宅を残すことはできず、財産と言える物は全て清算されてしまいます。

ただ、20万円以下の財産、現金99万円以下、その他最低限必要な衣服や食料などは残すことができるので

完全にスッカラカンになるわけではありません。

 

自己破産には条件があり、さらに自己破産の中でも3種類に分けられています。

ですが、個人の場合は『同時廃止』か『少額管財事件』のどちらかになることがほとんどなので
ここではその2点に関して説明します。

より詳しく見たい方は以下の記事をご覧ください。

自己破産にかかる費用の相場

自己破産も個人再生と同様に裁判所が絡むので、弁護士費用+裁判所への費用が必要になってきます。

自己破産における弁護士費用の相場

着手金20万円
報酬金20万円
諸費用5000円(1社あたり)

おおむねこの付近の料金設定になっている弁護士事務所が多くなっています。

中には報酬金を10万円程度に設定しているところもありますが、借入件数に応じて上乗せするパターンだったりするのでトータルでは高くなる可能性も考えられます。

あなたの状況にマッチしたところを選びたいですね。

自己破産の費用

同時廃止の予納金1~3万円
少額管財事件の予納金20万円
諸費用1~3万円

同時廃止か少額管財によって大きく変わってきます。

ここは各々の状況に応じて見積もる必要があります。

こういった事についても弁護士と一から計画を建てていくのが確実なので、間違えても自分でアレコレ行動しないようにするべきです。

自己破産に掛かる費用例

消費者金融5社300万円、財産無し=同時廃止の場合

弁護士費用=着手金+報酬金=40万円

弁護士費用=諸費用×5社=25000円

財産が無いため同時廃止=予納金2万円

諸費用=2万円

ーーーーーーーーーーー

合計:46万5000円

消費者金融5社300万円、財産有り=少額管財の場合

弁護士費用=着手金+報酬金=40万円

弁護士費用=諸費用×5社=25000円

少額管財の予納金=20万円

諸費用=2万円

ーーーーーーーーーーー

合計:64万5000円

自己破産では『同時廃止になるか少額管財事件になるか』で費用が20万円~変わってきます。

また、少額管財の場合は手続き期間が長くなり弁護士が裁判所へ出向く費用等も掛かってくることがあるので

おおよその目安で60万円~80万円程度は見積もっておくと良いでしょう。

 

自分では少額管財になるかも知れないと思っていても、弁護士と相談うえで同時廃止に持ち込める可能性もあるので

いずれにしても相談から始めるのが安全です。

>>借金問題に強い弁護士事務所一覧

弁護士事務所で必要な費用の説明

漢字ばっかりが並んでよく分からない料金項目もあるので、掘り下げて説明します。

相談料

借金問題に関しては相談料無料の事務所が多くなっています。

ただ、初回は無料で2回目は有料だったり来所しての面談の場合は料金を徴収しているケースもあります。

相場としては30分や60分刻みで5000円~1万円程度が多くなっています。

着手金

弁護士との事前相談を終えて債務整理の手続きに取りかかると発生する料金です。

前金のようなイメージですね。

着手金に関しては債務整理が失敗しても返ってこない場合がほとんどです。

後払いで話が付いていながら失敗したとしても、後日支払う必要があります。

 

着手金の金額については上限が無いため、弁護士事務所が自由に決めることができます。

悪徳弁護士の場合この着手金をハネ上げている可能性もあるので、料金が明白なところを選びましょう。

報酬金

債務整理の手続きが成功した際に発生する料金です。

逆に失敗に終わった場合には請求されません。

着手金との兼ね合いで、着手金を下げて報酬金を高くしているパターンがあります。逆もありますが。

その場合初期費用0円と大々的に広告し、報酬金で相場以上の総額費用を取ろうとしている可能性があるため注意する必要があります。

普通の相場通りの費用でも全額後払いで受けてもらえる事務所もあるので、初期費用0円と言うのはそこまで珍しいものではありません。

減額報酬

任意整理に発生する報酬ですが、上記の報酬金とは別項目になります。

簡単に言うと『借金が下がった額の一部が報酬』ということになります。

300万円が100万円になると、下がった額は200万円で減額報酬10%だった場合は20万円が減額報酬として支払うことになります。

 

減額報酬に関しては上限が10%までと規制されているので、10%以上の減額報酬があった場合違法となります。

過払い金報酬

任意整理、個人再生、自己破産のいずれでも発生する可能性があります。

また、弁護士事務所によっては任意整理以外では徴収していないところもあります。

借金を精査していく中で過払い金として請求できた場合、回収できた額から支払う必要があります。

訴訟が無かった場合は20%、訴訟で回収した場合は25%。これらが相場で上限値になっています。

50万円の過払い金を裁判無しで回収できた場合は10万円の支払い。

50万円の過払い金を裁判で回収した場合は12万5000円の支払いになります。

債務整理で必要な費用が払えない場合の対処法

もうギリギリのお金しか残っていない。

そんな状態でも弁護士に債務整理を依頼できるように、費用を賄う方法を紹介します。

弁護士費用の後払い・分割払い

一番オーソドックスな方法です。

弁護士事務所次第ですが、最近は多くの弁護士事務所が後払いや分割払いを受けてくれます。

また、手続き期間が伸びるデメリットはあるものの着手金の分割払いが終わってから本格的に取りかかるというパターンもあります。
この間受任通知が発行されているので、借金の取りたては無くなります。

ただし、お金を貸した側からすると不満にしかならないので、交渉で不利になる点は否めません。そうは言ってもそうするしか無い状況だってあり得るので、借金を放置するより何百倍もマシであることに変わりはありません。

 

弁護士費用に関してはかなり相談の余地があり、親身に返済計画などを踏まえて相談に乗ってくれるので

何度も言いますが、相談をするのが一番です。

現状をありのまま伝えても怒られたりしないので、弁護士さんと一緒に解決に向けて最善の道を選びましょう。

>>借金問題に強い弁護士事務所一覧

法テラスの利用

債務整理を行う費用が用意できない方のために、国が運営している支援施設になります。

ただし、弁護士費用を支援してくれるわけではなく、裁判所へ支払う予納金の立替を行っているだけに留まっています。

費用が支給されるわけではなく、貸付なので後日返済していく義務もあります。

 

また、弁護士との契約もしてもらうことができますが、選ぶことはできません。

その弁護士へ費用を支払う必要もあります。

救済制度とはいえ、満足のいく結果に終わるかどうかは微妙だと言えるのではないでしょうか。

 

法テラス自体の申請~通知までに結構な時間を有する点も注意しましょう。

その間は借金の督促を止める事ができないので。

追加で借金をする

あまり現実的ではないですが、自己破産を計画している場合に借入の枠が空いているなら使ってしまうという手があります。

ただし、弁護士費用程度の枠が空いていた場合のみにしましょう。

弁護士費用の為に借り入れること自体は認められていますが、それ以上の額を借りたり、そもそも枠が空いている場合は同時廃止ではなく少額管財へと切り替わる可能性もあります。

 

これに関しては弁護士さんと相談してから決めたほうが良いでしょう。

詳しい費用は実際に聞いてみないとわからない

ここまで任意整理・個人再生・自己破産それぞれの費用について説明してきましたが

実際のところ、個々の借入状況や弁護士事務所によって全く違う金額になることもあります。

おおよその目安としては外れていないですが、あなたが支払う金額がどれぐらいになるかというのは利用する弁護士事務所によって決まります。

ですので、実際に利用したいと思う弁護士事務所に包み隠さず相談してみるのが最も確実な方法です。

以下に相談無料の弁護士事務所を紹介しているので、良さそうと思うところに勇気を持って電話してみてはいかがでしょうか。

弁護士さんとあなたの相性もあるので、口コミや評判だけでは分からないことも沢山ありますからね。

相談無料の弁護士事務所

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

オススメ

  • 全国出張可能
  • 電話対応:24時間
  • 借金問題を得意としている
  • 費用が安い
  • 弁護士歴40年以上のベテラン2名在籍、若手弁護士1名在籍

 

名村法律事務所

名村法律事務所
  • 全国出張可能
  • 電話対応:9時~18時
  • メール対応:24時間
  • 個人再生、自己破産を得意としている
  • 費用が安い
  • 弁護士歴25年以上のベテラン在籍

更新日:

Copyright© 債務整理費用の相場|弁護士に依頼する費用の相場を紹介! , 2018 All Rights Reserved.